注意するべきこと

夫もしくは妻が不倫をしていてそのことが理由で離婚となった場合には、配偶者に対してだけでなく不倫相手にも慰謝料を請求したいと考える人がいます。そのことが理由で離婚したのですから当然の権利で慰謝料を請求することができるのですが、いくつか注意しなくてはいけないことがあります。まず不倫慰謝料といっても3年間という時効が設けられているということがあります。不倫の事実を知った時から相手の名前がわかっている場合には3年がたたないうちに早く請求する必要があります。また相手の名前や住所などが特定できない場合には、請求ができないのでそれらを知った時から3年の時効となります。離婚してしまっていた場合でも相手をきちんと特定して請求するようにしたほうがいいです。また3年以上不倫が継続していた場合には、3年前から請求日までの慰謝料は考慮されるのですがそれ以前は考慮されないので注意が必要です。

離婚するとなった場合には配偶者だけでなく、不倫相手にもきちんと慰謝料を請求したいものです。しかし離婚という事実と不倫という事実を前に冷静さを失ってしまう人も多いです。そのために冷静に対処するというのがテクニックです。冷静さを欠きヒートアップしてしまいますと、相手に取り合ってもらえずうまく交渉ができませんので頭を整理してから交渉の場につくことが大切です。また慰謝料を請求する場合には証拠をきちんと集めておく必要があります。メールやツーショットの写真など単独では証拠として認めてもらえないものもありますので、決定的な証拠をつかんでおく必要があります。ラブホテルやどちらかの自宅に入っていく写真などが有効とされています。しかし交渉の場でこの証拠を事前に明かしてしまいますと相手に手の内を見せてしまうことになります。そのためにできるだけ自白させて不倫を認めさせてから、証拠は決定的な場面で出すようにします。できるだけ自分のほうに有利に働くように動くことが大切です。